主婦カードローン返済できなくなったらどうなる?

「返済できない!」と必ずペナルティーあります

 

主婦カードローンの契約をする際には、必ず毎月決まった日にきちんと返済することを約束します。返済の約束ができないような主婦には絶対にカードローンの利用を認めません。返済することは「契約」となるので、返済できない場合には「契約違反」として必ずペナルティーがかされることになります。まずは年20%の遅延損害金がペナルティーとしてかされることになります。遅延損害金は返済できない分が返済されるまでかされる罰金なのです。そして、遅延損害金は、残債額が大きければ大きいほど負担は重くなります。

 

返済できないとまずは携帯電話に返済を促す連絡が来ます。この時点で返済に応じれば大丈夫です。が、それを無視すると、今度は自宅や職場に返済の催促の電話が来るようになります。一般的には、この時の返済催促がある意味で大事に至らないうちに返済できる限界点になると言ってよいと思います。その場合でも返済に応じられないと、自宅に返済の督促状が届き、それを無視すると返済は金融会社から保証会社へと移ります。

 

こうなってしまうと信用情報機関に返済延滞の記録が残ることとなって、自分の信用情報にキズがつくペナルティーとなりカードローンの利用を一時的に停止されたり、契約を強制的に解約されてしまうこともあります。そして、最終的には債務整理などの法的措置となり、給料の差し押さえといった大事に至ってしまいます。

 

返済できないならきちんと相談する

 

主婦カードローンで返済できないのなら、返済できない旨と理由をきちんとカードローン会社に連絡することがなによりも大切になります。黙って無視するのが最悪の事態を招くことになります。返済できない旨をきちんと連絡すれば、「きちんと返済できるまでは利子分のみの返済にしましょう」や「もう少し毎月の返済負担を軽くして少しでも返済できるようにしましょう」といった配慮をしてくれる場合があります。ただし、遅延損害金は勘弁してもらえません!

 

返済できない事実をきちんと真摯な態度で相談すれば、少なくてもすぐに信用情報機関に返済延滞を報告されたり、給料を差し押さえられたりすることはありません。自分の信用情報に返済延滞の記録がついてしまうと、今後の主婦カードローンの利用が非常に難しくなってしまい、最悪の場合にはどこに主婦カードローンでもお金を借りれなくなります。そうなると一大事なので、できるならば「返済できない!」といった事態にならないように節度ある借り入れを常に心がけるようにするのがとても大切と言えます。