銀行カードローンは口座をもっていないと利用できないの?

銀行の主婦カードローンでは原則として銀行口座いらない

 

結論から先に言うと、銀行カードローンの主婦カードローンを利用する際には、同銀行に銀行口座を必ずしも持っていなくてもお金を借りるのは可能となります。また、銀行カードローン利用において、銀行口座が必須となってしまう場合は、カードローン利用の返済を同銀行の口座から行うことが利用条件になっているケースに限られると言ってよいでしょう。

 

「返済は必ず同銀行の口座から行う」とが利用条件になっている銀行カードローンはほとんどありません。ただし、口座を持っていれば利用できる金融サービスが多くなり、また「口座自動振替」の返済方法を利用したければ、同銀行に銀行口座の開設が必要になるといった銀行の主婦カードローンはあります。

 

さらに言うと、ネットキャッシングではなくカードローン専用カードを利用したキャッシングとなる主婦カードローンなら銀行口座は必要ありません。そのような銀行カードローンとしては、三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックと三井住友銀行カードローンがあります。これら銀行のカードローンでは、自動契約機を利用してカードを発行して、発行されたカードを利用してキャッシングできます。三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイックでの自動契約機は「テレビ窓口」となり、三井住友銀行カードローンでは「ローン契約機」となります。これらの自動契約機を利用して融資手続きをすれば、同銀行に銀行口座がなくてもお金を借りれます。

 

銀行カードローンで即日融資なら銀行口座が必要

 

一方、銀行の主婦カードローンを利用して即日融資を受けたいのであれば、同銀行に銀行口座を持っていることが即日借入の利用条件となるところは多くなります。たとえば、みずほ銀行やイオン銀行、オリックス銀行や楽天銀行などのカードローンでは、即日借入をするためには銀行口座を持っていることが条件となります。そのことからこれらの銀行カードローンで即日キャッシングするためには、銀行口座の開設が必要となります。

 

もちろんカードローン申込みと同時に銀行口座の開設も申込めるところがほとんどです。しかし、銀行カードローンでの即日融資は、正しく時間との闘いとなることで、カードローンの申込みについても午前中の申込みが必須となってしまうところに、同時に銀行開設の手続きまで加わると即日融資には間に合わなくなってしまうケースがとても多いのです。そのことから、主婦カードローンの利用では、とりわけ即日融資を受けたい場合に銀行口座の開設が利用条件になっているときにはカードローンに申込む前に銀行口座の開設の申込みをして開設を済ませておく方がよいと言えます。