過去にブラックリストの主婦は借入出来るの?

「ブラックリスト」とはなにか

 

「ブラックリスト」との言葉には、なにか怪しげで謎めいた響きがあり、同時にネガティブなイメージを抱いてしまう主婦の方はすごく多いと思います。ブラックリストは決してよい意味合いで用いられるものではありません。なぜなら、ブラックリストになってしまうとキャッシングする上でとても大変な事になってしまうからです。

 

ブラックリストになる理由はなんでしょうか?端的に言えば、返済でなにかしらの問題を起こして、それが「金融事故」として扱われた場合、金融機関にとって「この人にお金を貸すと危ない」との要注意人物として認識されるかたちで信用情報機関に名前が登録されてしまうことです。実際に「ブラックリスト」と言われているリストが存在している訳ではありません。また、各金融機関が独自にブラックリストを作成して管理しているものでもないのです。ブラックリストとは「返済してくれない人」に対するある種の俗称なのです。

 

返済で問題となるのは、返済の延滞を何回も繰り返したり、任意整理などの債務整理をした人、また自己破産をした人となり、そのような人はブラックリストとして名前が登録されることになります。そして、ブラックリストになってしまうと、まずどの金融機関の主婦カードローンも利用できなくなります。

 

ちなみにブラックリストの主婦に対する審査の対応としては、@仮審査の段階ではねられる、A仮審査でパスできても本審査で外される、B面接の質問で審査基準をクリアできれば借入可となる、といったことになると考えてよいでしょう。

 

過去ブラックリストの主婦だと主婦カードローンの利用はどうなる

 

過去にブラックリストになった主婦だと主婦カードローンの利用は絶望的となってしまうのでしょうか?そのような疑問に対する答えは「YES」であり、また「NO」ともなります。「YES」となる理由は、ブラックリストの主婦だと信用能力が極端に低い人と審査でみなされることでなかなか審査に通してくれないからです。また、プロミスやアコムなどの大手消費者金融だと、ブラックリストの履歴が残っていることが判明した時点で即座に審査に落とされることになります。

 

答えが「NO」となる理由については、ブラックリスト登録には一定の期間があり、その期間が過ぎればブラックリストとしての名前は抹消されるのでまた普通に主婦カードローンが利用できるようになるからです。返済の延滞でブラックリストなら1〜3年間ほど、任整理等の債務整理だと5〜7年間くらい、自己破産の場合は10年間くらい名前が残ります。

 

もうひとつの理由は、ブラックリストの申込者に対応した審査基準を設けている消費者金融なら、ブラックリスト登録の抹消を待たないで利用できる可能性があるからです。ただし、アコムやプロミスなどの大手ではブラックリスト申込者に対応した審査をしていません。が、中小消費者金融ならブラックリストの主婦に対応できる独自の審査基準を設けているところが多いので、その審査にさえパスできれば過去にブラックリストの主婦でも十分に借入可能となります。