借り審査と本審査の違いは?

「仮審査」について

 

主婦カードローンの審査では仮審査と本審査があります。そして、どの主婦カードローンでも仮審査と本審査の両方の審査にパスできないとお金は借りれません。他方で同じ審査とはなりますが、仮審査と本審査では審査の内容にやや違いがあります。

 

主婦カードローンで融資を受けるための流れとしては、まず「仮審査」に通過することが大前提になります。なぜなら、仮審査にパスできないと「本審査」に進むことができないからです。つまり仮審査と本審査は連動しています。その意味から言えば、まずは仮審査突破に全力を傾ける必要があると言ってよいでしょう。

 

仮審査を設けている目的は、「カードローンでキャッシングできる資格があるのか?」との点を問うためです。つまり、仮審査に通れば主婦カードローンを利用する資格があると認められるのです。では仮審査ではなにを調べられるのでしょうか?

 

仮審査では「信用能力」と「返済能力」の2つの点を調べられると考えてよいと思います。信用能力については、信用情報機関に与信をかけて申込者の信用情報を審査します。信用情報において返済等でなにも問題を起こした記録が皆無で、借入状況も極めて良好であれば審査はまずOKです。

 

返済能力に関しては、「安定収入の有無」が重要視されることになります。収入は少な目でも収入さえ安定していれば問題はまずありません。他方で、収入は高めだが、「今月の収入は100万円あったが先月は30万円しかなかった」といった収入状態だと「収入が安定していない」とみなされて返済能力にペケを付けられてしまう可能性があります。そして、返済能力の証明としては、給与明細書や源泉徴収票などの収入ある事実を証明できる書類の提出が必要となる場合があります。

 

そして主婦カードローンも含めて、カードローンでは仮審査に通れば高い確率で次の本審査にも通過できると言ってよいのです。つまりは「仮審査がカードローン審査の本番!」と考えていただければよいと思います。

 

「本審査」について

 

本審査はどのような審査になるのでしょうか?本審査は、仮審査での内容を確認するための、言ってみれば確認審査になると考えておけばよいと思います。つまり、仮審査の内容になにも問題が無ければ本審査に落とされてしまうことはまず無いと言ってよいでしょう。そのことから「仮審査に通れば本審査もほぼOK!」ということになる訳です。

 

具体的には、仮審査で調べた申込書での申告情報と、本審査の段階で提出する審査書類の内容とを付きあわせるかたちで、申告情報と齟齬が無いのか?申告した個人情報にウソ偽りが無いか?を調べます。そのことからもし申告した情報と審査書類との内容に大きな食い違いがあったり、「これはウソの申告じゃないか?」と疑念を持たれた場合には本審査に通してくれないことがあります。

 

本審査でもうひとつ重要となるのは「在籍確認」を行うことです。たいていの主婦カードローンでは、本審査の段階で自宅や職場に電話を入れて本人確認をする在籍確認を行います。在籍確認は、審査全体の最終段階で行われるのが普通であり、在籍確認をパスできないとカードローンの利用は認めてくれません。さらに本審査で重要となるのは、最終的に融資枠が決まることです。審査次第では、希望した融資枠よりも低い融資枠となってしまうことも珍しくないのです。