主婦カードローン滞納経験があったら借入できる?

滞納経験あると主婦カードローンで借入できないのか

 

まず言えることは、滞納すると契約違反となるので必ず年20%の遅延損害金がかかることです。しかし、遅延損害金を払った経験があると必ず主婦カードローンでお金を借りれなくなってしまうことはありません。遅延損害金は、あくまでも滞納している返済額に対してかかる罰金、罰則となるからです。でも滞納期間によっては、主婦カードローンでお金を借りれなくなってしまう可能性はあります。

 

「どれくらいの滞納期間になると借りれなくなってしまう可能性があるか」については、一概に「○○日間滞納した経験があると借りれない」とは断言できません。滞納期間の経験と主婦カードローン利用の可否の判断に関しては、各々のカードローン会社によって異なるのが実情となります。たとえば、ある会社では1カ月間の滞納経験があっても借入できる場合もある一方で、1週間の滞納経験でお金が借りれなくなってしまう主婦カードローンもあります。しかし、滞納経験の長短に関わらず、滞納経験があると主婦カードローンの借入にはなにかしらマイナスに影響する事実は否定できません。

 

滞納経験が多いと主婦カードローン借入は厳しくなる

 

滞納期間が比較的短期間で滞納回数も1〜2回程度の少なさなら、主婦カードローンの借入を即座に断られてしまうことはないと思います。が、「複数回に亘って比較的頻繁に滞納経験があって、しかもそのうちの何回は滞納期間が長くなってしまった」なんていう主婦だと主婦カードローンで借入できなくなる可能性はすごく高くなってしまうと言ってよいと考えられます。そのような頻繁な滞納経験があると、まず信用情報機関に「お金を貸すと危ない人」との要注意人物として名前が記録されていることになると考えられることからも主婦カードローンでのキャッシングは非常に厳しくなってしまうと言えます。

 

滞納経験がたくさんあるような主婦は、「この人は返済能力に問題がある!」と主婦カードローンの審査でみなされてしまうので借入は難しくなります。また、主婦カードローンの審査では必ず利用者の信用情報を調べるので、自ずと滞納経験に関する情報はすべてカードローン会社に分かってしまいます。そのことから、滞納した経験があると即座に借入を断られてしまうとは限らない一方で、滞納の経験がたくさんある場合や、滞納期間が長期に亘っているような記録が信用情報機関に残っている場合には、主婦カードローンでの借入はできないと考えておいた方がよいと思います。