主婦カードローン収入が少ないアルバイトでも消費者金融から借りれる?

アルバイト主婦は多い

 

主婦の場合には、仮に働いていても正社員で勤務している方はとても少ないと思います。むしろ、アルバイトなどの非正規雇用のかたちで働いて収入を得ている方が大半ではないでしょうか。そのことから、もし消費者金融ではアルバイトの主婦が借りれないとなるとたいていの主婦の方は消費者金融でキャッシングできないことになってしまいます。

 

アルバイト主婦で収入少な目でも消費者金融カードローン利用可

 

消費者金融の主婦カードローンでも、アルバイトをしている主婦の方なら収入が少な目でも利用は可能となります。消費者金融のプロミスやアコム、アイフルやモビットの利用条件では、「アルバイトやパートでも収入ある方は申込めます」となっています。そして、申込が可能なだけでなく、審査に通って実際にお金を借りることも十分に可能と言ってよいのです。

 

消費者金融の主婦カードローンの審査では、アルバイトやパートといった非正規雇用の働き方自体を審査で問われて、それを理由にしてすぐに審査に落とされてしまうようなことはありません。さらに主婦カードローンとして利用できる消費者金融の審査でのウリは、審査の柔軟さとなります。そのことからアルバイトの主婦でも申込めて審査に通ることも夢ではありません。

 

どの消費者金融カードローンにも共通する融資姿勢として、「お金を貸せる余地があるならまずは融資してみよう!」といった、融資に対する前向きなインセンティブが働き易い傾向があると言ってよいのです。それゆえ、収入こそ少な目となってしまうアルバイトの主婦でも、きちんと安定収入を確保していれば、このようなインセンティブが働く余地は大きいと言えます。

 

「収入少ない」よりも「収入の安定度」が審査で問われる

 

アルバイトをして収入を得ている主婦の場合に、特に主婦カードローンの審査で重要視されるのが「収入の安定度」となります。なぜなら、アルバイト主婦の場合は、収入が少な目となってしまう事実は、すでに審査の中で織り込み済みとなっているからです。そのことからアルバイトやパート主婦でも申込可となっている消費者金融では、「収入が少ないから審査に通せない」といったことはないと言えます。

 

アルバイト主婦の場合には、正社員と比較してしまうとどうしても収入を雇用の面での不安定さは否めないものとなります。そして、収入と雇用がかなり不安定と審査に判断されてしまうと審査に通してくれません。しかし、アルバイト主婦でも週4日くらいフルタイムで定期的に働いており、ひとつのアルバイト先で長く働いていて、かつアルバイト先ではアルバイト責任者のような地位になる主婦なら「収入と雇用は安定している」とみなされるので審査通過ではかなり有利になります。

 

つまり、収入少ないアルバイト主婦でも消費者金融の主婦カードローンからお金を借りれますが、それには収入と雇用が安定している事実を審査担当者にしっかり納得してもらうことが重要になります。