主婦カードローン内緒で利用できるの?

主婦カードローンは内緒で利用可能

 

主婦の方が主婦カードローンを利用する時に、「夫や家族に内緒でキャッシングしたい!」といった人は多いと思います。そして、主婦でも内緒でお金を借りるのは可能です。

 

たとえば、消費者金融の主婦カードローンの申込みでは、申込書の記入項目に「家族に内緒」といった項目があります。その項目にチェックマークを入れて提出すれば、消費者金融側でも最大限そのように配慮してもらえます。銀行の主婦カードローンの申込書には、そのような記入項目はないようです。が、申込時に「内緒で借りたい」との旨を伝えておけば配慮してもらうことは可能となるみたいです。

 

内緒で借りたければ「在籍確認」に対処が必要

 

内緒の主婦カードローンの利用が他の人にばれてしまう可能性としては「在籍確認」を指摘できます。在籍確認は自宅や職場に本人確認のための電話連絡を入れる審査となります。その場合、他の人や家族の誰かが電話に応対してしまうと主婦カードローンでお金を借りようとしていることが知られてしまう可能性は否定できません。

 

パート主婦の場合は、必ず職場に在籍確認の電話連絡が来ます。職場のパート同僚に内緒にしたいのなら、職場のパート責任者や職場の同僚らに「保険会社から電話が来るかもしれないのでよろしくお願いします」とでも前もって断っておけば、カードローン会社も保険会社の人間を装う形で在籍確認の電話を入れてくれます。だから他の人が電話に応対しても内緒がばれることはありません。自宅への在籍確認となる主婦なら、申込時に登録した自分の携帯電話に在籍確認の連絡を入れてもらうようにすればよいと思います。

 

専業主婦の場合に気になるのが夫の職場への確認電話となるでしょう。しかし、主婦カードローンでは原則として夫の職場に確認の電話をすることはありません。しかし、審査の段階で疑問が起きる、あるいは借入額が大きくなってしまう場合には夫の職場に確認の電話をすることがあるので、その場合には内緒で主婦カードローンでお金を借りることはできなくなります。

 

自宅への郵送物にも注意が必要

 

もうひとつ主婦カードローンを内緒で利用したいのなら、カードローン会社から自宅に届く郵送物にもしっかり対応する必要があります。先の在籍確認よりも自宅への郵送物の方がばれやすいと言ってよいのです。なぜなら、郵便物の封を開けられて中身を見られてしまうとキャッシングしていることが100%ばれるからです。が、送り主は別会社の名前となっているので封を開けられない限りばれる可能性は低いと思われます。

 

主婦カードローンを契約すると、必ず契約書と利用規約書、カードローン専用カードが自宅に郵送されます。しかし、「自動契約機」を利用して契約を済ませれば、その場でカードも発行してもらえるので自宅に届くのを避けられます。また、最寄りの店舗で契約をしてカードを受け取れば自宅への郵送物はなくなります。もうひとつ毎月の利用明細書も必ず自宅に郵送物として届きます。しかし、この場合にも「Web利用明細サービス」に切り替えれば利用明細書が自宅に届くことはなくなります。