主婦カードローンは何歳まで借りれるの?

主婦カードローンには年齢制限ある

 

主婦カードローンを利用した事が無い人や、最近になって主婦カードローンに興味や関心を持ち始めたような方では、「カードローン利用には年齢制限ある」ことを知らない人もいるかもしれません。主婦カードローンは、年齢がいくつでも利用してお金を借りれるものではありません。

 

年齢の下限制限については、「満20歳以上」となります。それは法律で未成年へのお金の融資が禁止されているからです。なぜなら「未成年は社会的責任能力が未熟なのでお金を借りる契約を結べる資格が無い」となるからです。そのことから未成年の主婦は主婦カードローンではお金を借りれません。しかし、未成年の主婦には配偶者となる夫がいるので、夫が満20歳以上の成人男性で安定収入を得ていれば配偶者貸付を利用するかたちで主婦カードローンの利用が可能となることがあります。

 

年齢制限の上限に関しては、やや主婦カードローンによってまちまちとなります。一般的な認識としては、「65歳以下」と考えてよいでしょう。その理由は、年金受給の開始が65歳になることと、年金を受ける方では多くが退職して無収入となっているからです。以上のことから、主婦カードローンでお金を借りれる年齢は、「満20歳以上65歳以下」になると考えてよいと思います。

 

具体的な主婦カードローンの年齢制限について

 

具体的に主婦カードローンで借りれる年齢に関しては、まず消費者金融の主婦カードローンだと「満20歳以上69歳以下」となるところが多いようです。プロミスやアコムは「満20歳以上69歳以下」となっています。アイフルは「70歳まで」OKとなり、モビットについては「満20歳以上65歳未満」となります。年齢の下限については共通したものとなりますが、年齢の上限に関しては、各消費者金融でバラつきがあるのが分かると思います。しかし、そのようになってしまう理由については分かりません。

 

モビットについては、本質的にモビットが「若者向けカードローン」を指向していることが、他の消費者金融に比べて年齢上限が低めになっている理由となります。さらにモビットでは「WEB完結申込」などのIT化がかなり進展していることからも、IT技術を上手に使いこなす若者に焦点を絞っているとも言われています。

 

銀行の主婦カードローンでは「満20歳以上65歳以下」となるところが大半です。銀行カードローンの方が年齢の上限が消費者金融と比較してやや厳しめになっていると言ってよいでしょう。やはり年金受給開始の年齢が融資の可否における1つの目安になっていると言うことなのでしょう。

 

そんな銀行カードローンの中でも、新生銀行カードローンレイクは「満20歳以上70歳以下」と高めの年齢上限になっているところもあれば、楽天銀行カードローンのように「満20歳以上60歳以下」とかなり年齢の上限が低めに設定されているところもあるので、やはり銀行の主婦カードローンにおいても年齢の上限に関してはバラつきがあると言えます。