主婦カードローンの返済

主婦でも借りれるカードローンでは「返済を第一」に考えよう

 

カードローン利用の大きな目的は言うまでも無く「お金を借りる事」ですよね。でもカードローン利用においてとても大切なのは、お金を借りることと同じくらい「借りたお金をどのようにきちんと返済していくのか」といった点なんです。なぜなら、借りたお金は必ず返済しなければなりませんし、きちんと返済できないような主婦だとカードローンを利用してお金を借りれなくなってしまうからなのです。そのことから返済はとても大切な事となるのです。

 

収入が少な目となるパート主婦や夫の収入を当てにしてお金を借りる無収入の専業主婦の方などは、特に返済にしっかり気を配ったキャッシングを心がけたいのです。なぜなら、主婦の場合は少しでも無理な借入をしてしまうとすぐに返済が厳しくなったり返済できなくなってしまうからなんです。

 

主婦カードローンでの返済はどうなる

 

主婦でも借りれるカードローンでの返済は、他の利用者が返済するのとまったく同じ方法となります。「主婦だから特別な返済をしなければならない」といったことはまったくありません。そして、主婦が返済する上で、一番注意したいのは「必ず返済できる方法を選ぶ!」ということなんです。

 

返済する方法では、まず大きく分けて「約定日返済」と「35日ごと返済」となります。「約定日返済」は、主婦の方が任意に返済する期日を選んで、毎月必ずその返済期日までに返済していく方法となります。約定日返済でポイントとなるのは、「この日なら絶対に返済できる」といった期日を選択することです。具体的には、パートの給料日が15日なら、返済期日は20日にするとよいでしょうね。なるべくお金が残っている日を返済期日に指定するのが肝要です。「35日ごと返済」の場合は、返済した日から換算して35日ごとに返済していく方法となります。

 

返済方式としては、「口座自動振替」「ATM返済」「銀行振込」「窓口返済」となります。ご自身の生活パターンの中で一番返済し易い方式を選ぶのがコツです。たとえば、コンビニを習慣的に利用されている主婦ならコンビニでのATM返済が便利ですし返済し忘れてしまう心配もないと思います。他方で、「口座自動振替」と「窓口返済」以外の返済方式では、返済の際に手数料がかかってしまいます。

 

返済での金利はどうなる

 

主婦でも借りれるカードローンにおいても金利については年率となります。が、実質的には「日割り計算」となるので、返済する日まで金利による利息額がかかります。たとえば、10万円を年率10%で30日間借りて30日目に返済した場合には、1479円の金利による利息額を加えて返済することになります。でも、借りたお金を30日目ではなく15日目に返済すると、金利による利息額は約半分の740円で済みます。そのことから、金利による利息負担を少しでも軽くすることを考えれば、返済は1日でも早くした方が得となります。