主婦カードローンの在籍確認

主婦カードローンでの在籍確認について

 

パート主婦が利用する場合には、原則として主婦カードローンでの「在籍確認」は避けられないと考えてください。なぜなら、在籍確認は、カードローン審査において特に重視される、本人確認のための審査となるからです。パート主婦の場合の在籍確認は、必ずパート先の職場に電話連絡のかたちで行われます。もし、パート先の職場での在籍確認にきちんと対応できない場合にはその場で審査落ちとされたり、審査中断とされてしまいます。在籍確認が必須審査となる理由は主に2つあります。

 

1つ目は、「申込書で申告したパート先の職場で確かに働いているのか」を確認するためです。そのことからパート先の職場で在籍確認が取れれば審査はOKです。在籍確認の電話連絡での審査はとても簡単です。具体的には、名前・年齢・申込の確認・勤め先での部署名等なので、5分もあれば終わります。

 

2つ目の理由は、なりすましの申込みや不正行為を未然に防止するためなのです。カードローン利用では、「必ず申込者と利用者が同一の人」でなければなりません。そのことから申込者と利用者が異なる名義貸しの行為や、他の不正行為はややもすると犯罪の温床とも成りかねないので「在籍確認」というかたちで未然の防止する目的があるのです。

 

専業主婦の場合の「在籍確認」について

 

主婦カードローンでの専業主婦の場合は、働いていないので、在籍確認の電話連絡は自宅の固定電話か申込時に登録した自分の携帯電話の電話番号に来ます。在籍確認での質問はすでにパート主婦の場合で触れた内容とほぼ同じとなります。そして、専業主婦の場合にも、在籍確認の連絡は避けられません。

 

専業主婦の利用で気になるのが、「夫の職場への在籍確認」となるでしょう。特に夫に内緒でキャッシングしたい専業主婦ではとても心配な点となります。その点に関して結論から先に言えば、専業主婦が利用できる銀行カードローンでは、たいていのところは原則として夫の職場への在籍確認は行いません。安心しましたか?ただし、提出した審査書類の内容に不備があったり疑問が生じてしまった場合や、あるいは審査の段階で「なにか怪しい点があるな?」と判断された場合には、夫の職場への在籍確認が行われる可能性があります。

 

そのことから原則として夫の職場への在籍確認はありませんが、あくまでも「原則」なので必ず無いとは言い切れません。そのことから夫に内緒でお金を借りたいと考えている専業主婦の場合は、できるだけ審査で審査担当者に疑問などを持たれないように、提出しなければならない審査書類については問題ないようにきちんと提出できるようにしておくことが大切になります。