主婦カードローンと総量規制の関係

総量規制とは

 

総量規制とは、平成22年6月の貸金業法改正に伴って導入された、融資上限を法的に縛りをかけた融資ルールとなります。具体的には、年収の3分の1までを融資上限額として法的に自動的に決めるものとなります。たとえば、年収300万円の人だと100万円までは融資上限額となり、どんなに頑張っても100万円以上の融資は受けられません。

 

総量規制が導入される以前では、法的に融資上限額の縛りがありませんでした。そのことから、融資側は、会社の利益を上げるために貸せるだけ貸し付けました。一方で、お金を借りる側としても、借りたいだけお金が借りれるので無計画に借りまくってしまう人が出てしまったのです。そうして必然的に融資が過熱化して、返済できなくなってしまう人が続出することでひとつの社会問題化してしまったのです。「サラ金地獄」なんていう言葉が生まれて巷で流布したのもこの頃でした。

 

行政側は過熱する融資競争に歯止めをかけるために、平成22年に総量規制を導入したのです。総量規制の導入によって返済不履行となってしまう人は減りました。また、融資上限額に法的に縛りがついたことで借手側として以前のように自由にお金を借りれなくなったことで不自由を感じてしまう方も多かったのです。が、総量規制は返済不履行となってしまう防止策となっていることから、実は借手側を守る為の法的ルールとなっているのです。

 

主婦カードローンと総量規制の関係

 

さて、総量規制の導入によって主婦カードローンの利用にどのような影響を及ぼすこととなったのでしょうか?

 

総量規制の対象となるのは貸金業法によって融資が規制されるカードローンとなるので、実質的には消費者金融のカードローンが総量規制の対象となります。そして、総量規制の下では「収入ある事」が融資できる絶対条件となることで、収入の無い人には融資できなくなったのです。それゆえ、総量規制の導入以前では、消費者金融カードローンも専業主婦が利用できる主婦カードローンとなっていたのに、導入以後では専業主婦では利用できないカードローンとなってしまったのです。

 

ただし、「配偶者貸付」の利用を認めている消費者金融カードローンなら、総量規制対象の消費者金融カードローンでも利用はできます。が、プロミスやアコム、アイフルやモビットの大手の総量規制対象のカードローンでは配偶者貸付の利用を認めていないので専業主婦だと利用不可となってしまいます。

 

その一方で、すべてのカードローンが総量規制の対象となってしまった訳ではありません。銀行法によって融資が規制される銀行カードローンは総量規制の対象外となります。そのことから無収入の専業主婦でも銀行カードローンであれば利用可能な主婦カードローンとなります。