主婦のカードローン審査

主婦だからと言ってカードローン審査怖がる必要なし

 

主婦でも借りれるカードローンだと、「主婦だけの特別な審査をされるのではないの?」や「主婦だから他の人よりも審査が厳しくなるんじゃないの?」といった不安や心配を抱いてしまう主婦の方っているのではないでしょうか。しかし!主婦という理由だけで審査を厳しくされてしまうようなことはまず有り得ないと言ってよいのです。だからまずは安心してください。

 

主婦カードローン審査では「信用力」問われます

 

主婦でも借りれるカードローンの審査では、他の利用者と同様に主に2つの点を審査で問われることになります。

 

1つ目は、申込者としての「信用力」です。主婦としての「信用力」は問われないので安心してください。この「信用力」については、「この主婦にならお金を貸しても大丈夫かな?!」といった点を調べます。具体的には、信用情報機関に与信をかけて申込者の信用情報を調べることとなります。そして、この信用情報でなにも問題が無ければ信用力はまずOKとなります。他方で、過去に返済の延滞歴が多かったり、任意整理などの債務整理をした履歴があると信用力にペケを付けられる可能性が高くなり審査に通り難くなってしまいます。パートなどで収入ある主婦の場合には、このような審査となります。

 

一方、「収入の無い専業主婦」は、無収入ということで「実質的に信用力は無いに等しい」と言ってよい面があります。それゆえ、専業主婦の場合には配偶者となる夫の「信用力」を審査で問うこととなります。その場合にも同様に夫の信用情報を調べて審査します。

 

「返済能力」は主婦カードローン審査での核心

 

もうひとつ主婦でも借りれるカードローンの審査では、申込者の「返済能力」を調べます。そして、消費者金融カードローンの審査では、こちらの「返済能力の有無」の方を審査で重視する傾向があると言ってよいのです。

 

返済能力の審査に関しては、「年収の高低」と「収入の安定度」の2点がカギとなります。たとえば、正社員として働いて収入がある主婦の場合、年収がそれなりに高めでかつ収入も安定していればほぼ返済能力の審査はパスできますよ。一方、パート主婦だと、どうしても収入と雇用の安定度ではやや難がある事実は否定できません。そのことから収入の高低に関係なく、収入が不安定だと審査に通してくれない場合があります。とりわけ消費者金融カードローンの審査では収入の高低よりも収入の安定度を重要視します。

 

銀行カードローンの審査では、双方の観点に関してバランス良く重視すると憶えておいてください。つまり、「収入が安定していても、あまりに年収が低すぎる場合には審査に通してくれないことがある」ということになります。そして、収入のない専業主婦の場合は「返済能力はゼロ」となるのが前提なので、配偶者の収入の高低や収入の安定度が審査で図られることとなります。