「収入ある主婦」ならカードローン利用の自由度高い

 

まずはきちんと定職に就いて会社員として働いている主婦のカードローン利用についてです。このような主婦の場合は、原則としてどの金融機関のカードローンでも利用できます。また、自分の収入に見合った融資枠内での借入も可能となります。つまり、収入が多めで収入も安定している主婦ならそれだけ借りれる金額も大きくなるということなのです。そのことから主婦であるという社会的立場は審査でなんら影響することはなく、他の利用者とまったく同じ条件での審査と借入ができるということです。

 

また、パート主婦に関しても銀行でも消費者金融でも、どのカードローンにも原則として申し込めます。また、実際にお金を借りることだって十分に可能です。しかし、パートという働き方ゆえに収入と雇用は、正社員の主婦と比べるとやや不安定なことから、銀行カードローンの審査通過はちょっと厳しくなってしまうと考えられます。でもパート歴が長くてパート職場でも主任などの責任ある立場にある人なら、銀行の審査でも十分に通過できます。

 

そうは言ってもパート主婦なら銀行の審査よりも柔軟になる消費者金融のカードローンがオススメと言ってよいでしょう。そして、消費者金融のカードローンでは、「アルバイトやパートでも申込可」と公式HPでの利用条件で明記しているところが多いので、そのような消費者金融であればパート主婦でもかなり審査に通る可能性は高いと言ってよいのではないでしょうか。

 

「無収入の専業主婦」だと借入先は限られる

 

さて、無収入の専業主婦の場合はどうなるのかと言うと、「収入がない」といったデメリットがカードローン利用において大きなマイナスとなってしまう事実は否めません。しかし、そのような主婦でも借りれるカードローンはあります。それは総量規制の対象外になる「銀行カードローン」なんです。総量規制の対象となってしまう消費者金融カードローンでは、無収入の人への融資は原則不可能となります。それゆえ、無収入の専業主婦だと借入できません。

 

でも銀行カードローンなら総量規制の対象外だから専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば借入は可能となります。また、借入額が小額融資となるなら、配偶者の収入証明書も不要で、自分の本人確認書類さえあればキャッシングできます。本人確認書類としては、運転免許証・健康保険証・パスポートのどれか1点を提出できれば大丈夫です。さらに専業主婦でも自動契約機が利用できる銀行カードローンであれば、申込当日にカードを発行してもらうのが可能なので即日キャッシングだって可能となります。

主婦でも借りれる銀行カードローンのメリット

 

主婦でも借りれる銀行カードローンのメリットとしては、銀行カードローンならではのメリットがそれに当たると言ってよいでしょうね。具体的には、低金利メリットと大きい融資額となります。銀行カードローンは、一般的に金利の低いところが多いのです。また、銀行のメリットって「金利の安さ」と言ってもよいのです。

 

具体的に指摘すると、三菱東京UFJ銀行は年4.6〜14.6%、みずほ銀行は年4.0〜14.0%、住信SBIネット銀行だと年1.99〜7.99%となります。一方で消費者金融カードローンを見てみると、プロミスは年4.5〜17.8%、アコムは年4.7〜18.0%、モビットは年4.8〜18.0%となります。明らかに銀行カードローンの方が金利が低いとわかりますよね!そして、金利は低ければ低いほど、借りた後の返済負担は軽くなるので、金利安は大きなメリットです。

 

融資額について言えば、みずほ銀行や住信SBIネット銀行だと最大1000万円までとなり、三井住友銀行だと最高で800万円まで、三菱東京UFJ銀行だと最大500万円までとなります。つまり、主婦でも借りれる銀行カードローンのメリットって、「比較的まとまったお金を低い金利で長い間借りれる!」ということになるのです。

 

家庭を預り守る責務を担う主婦としては、借りた後に面倒が起きてしまうような如何わしい金融機関でお金を借りる訳にはいかないので、「借りても安心安全なところでキャッシングする」のが一番重要になると言ってよいと思われます。その意味から言えば、銀行カードローンほどお金を借りて安心かつ安全な金融機関は無いと言ってよいでしょう。それゆえ、銀行カードローンで主婦がお金を借りるメリットは、借りる安心感になるとも言えます。

 

主婦でも借りれる銀行カードローンのデメリット

 

一方、デメリットについて指摘すれば、やはり銀行の審査は厳しめとなってやや借り難い点となるでしょうね。銀行カードローンは、金利が低めとなる分だけ、審査は消費者金融よりも厳しくなってしまいます。審査が厳しくなるということは、審査に通り難いということなんです。そのことからお金を借りれない確率が高くなってしまうのがデメリットと言ってよいでしょうね。

 

銀行カードローンだと消費者金融カードローンよりも即日融資の確実性が低くなってしまうのもデメリットでしょうね。銀行カードローンの審査は厳しめとなるので審査時間も長くなる傾向があります。そのことから即日融資が間に合わなくなってしまうことが少なくないのです。他方で、消費者金融カードローンなら「審査は最短30分」となるので、それだけ即日融資の確実性は高いと考えてよい訳なんです。

 

銀行カードローン利用での「収入ある主婦」と「収入ない専業主婦」

 

収入ある主婦なら銀行カードローンも利用できます。つまり、「収入のある主婦なら銀行カードローンも選べる!」ということなのです。この点が無収入の専業主婦の場合とは大きく異なる点と言ってよいでしょう。また、収入があるので、自分の収入をベースにお金を借りることができます。そのことから収入の3分の1くらいまでは銀行カードローンでお金を借りれます。

 

他方で無収入の専業主婦の場合は、原則として銀行カードローンしか利用できません。換言すれば、「銀行カードローンしか借入先がない」ということなのです。無収入なので収入ある主婦のように自分の年収をベースに融資を受けられませんし、収入の3分の1までの融資も保証されていません。そして、専業主婦が銀行カードローンでお金を借りる際には、たいていの銀行では自動的に30〜50万円までが借入上限額となってしまいます。

「消費者金融カードローン」利用できない主婦について

 

プロミスやアコム、アイフルやモビットなどの消費者金融は、テレビCMや広告などですでにご存知の主婦の方も多いと思われます。人気俳優や今売出し中の若手俳優を起用して、ドラマ仕立ての実に印象に残るテレビCMを積極的に展開しているプロミスなどの消費者金融は、実に親しみやすい金融機関のイメージを強力にプッシュしていると言ってよいでしょう。つまり、「気軽に利用できる印象がお金を借りたいと考えている多くの主婦の方へ強くアピールしている」と言うことだと思われます。

 

主婦にとって消費者金融のカードローンは、申込みし易くて利用し易い金融機関と言ってよいのです。そして、主婦でも借りれる消費者金融のカードローンについて言えば、プロミスやアコムなどの大手消費者金融だって十分に借りれる可能性はあると言えます。しかし、主婦の方の中には、消費者金融カードローンが利用できない人もいるのです。たとえば、「収入の無い専業主婦」です。

 

プロミスやアコムなどの消費者金融は、収入の3分の1までが融資上限額となる「総量規制」の対象となります。そして、総量規制の下では、収入の無い人への融資はできません。なぜなら、総量規制ではあくまでも「収入ある事」が融資の大前提となり、収入の高低によって融資できる金額が決まるからなのです。そうなると収入の無い専業主婦だと、収入がゼロなので年収もゼロとなり、年収ゼロ円で算出される融資枠も必然的にゼロ円となってしまうことで、結果として融資不可となってしまうからです。

 

ただし、配偶者貸付の制度が利用できる場合には、専業主婦でも消費者金融カードローンの利用が可能となります。配偶者貸付の利用では、配偶者の同意書、婚姻事実を証明できる住民票か戸籍抄本、配偶者の収入証明書の提出が必要となります。一方で、パートなどで収入を得ている主婦なら、問題なく消費者金融カードローンは利用可となるので安心してください。

 

消費者金融カードローン利用のメリット

 

主婦の方が消費者金融カードローンを利用する上での一番のメリットは、パートなりで働いて収入は少な目でもきちんと安定した収入を得ている主婦なら誰でも申込可で審査に通ってキャッシングできることでしょうね。と言うのは、消費者金融カードローンの審査は柔軟でやさしめとなることで、パートといったやや収入と雇用が不安定な働き方でも働き方それ自体を審査で問われて、それを理由として即審査に落とされてしまうようなことはないからです。つまり、「パート主婦に向いたカードローン」と言うことでメリットがあると言ってよいのです。

 

消費者金融カードローン利用のデメリット

 

一方、主婦でも借りれる消費者金融のカードローンにおいてはデメリットもあります。たとえば、金利水準です。消費者金融カードローンでは、審査が柔軟でやさしめとなる分だけ、信用貸しのリスクはどうしても高くなってしまいます。そのようなリスクをヘッジするために消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンの金利に比べるとどうしても高めの金利水準となってしまうのです。

 

具体的に言うと、消費者金融では年4%台〜18%となり、銀行の金利の年4%台〜14%台と比較すると上限金利で明らかに消費者金融の方が金利が高くなります。そのことから金利だけで考えれば、消費者金融カーローンで主婦の方がお金を借りるのはデメリットあると言ってよいのです。